数理・物理学科

学科主任からのメッセージ

数理的・物理的な考え方と応用力を身につけ、
社会の中で問題に対応・解決できる能力を養う

 数学と物理学は密接に関わり合って発展してきました。特に、我々の世界を記述する物理法則は、数学の言葉で理解できます。純粋な論理に基づいてものごとの本質を探求する楽しさ、遠方や過去の出来事の経緯やまだ見ぬ未来の予測が人間の計算結果と一致するという体験を、本学理学部数理・物理学科で堪能して欲しいと願っています。
 学問の進歩著しい現代では、数学でも物理学でも全体を網羅する知識を会得するのは困難です。各専門領域の最新の研究成果に習熟するとともに、卒業後も幅広い興味に応じて不断に学び続けられよう、普遍的な数学および物理学の考え方を身に付けて下さい。こうして、社会で活躍し、人類文明の進化に貢献できる人々の育成を目指しています。

数理・物理学科 学科主任 長澤 倫康 教授

数理・物理学科
教授 長澤 倫康