生物科学科

学科主任からのメッセージ

生物科学は目覚ましい勢いで発展しています。
遺伝子の構造が解明され、細胞の微細構造やその機能、発生や生理、更には行動や進化などについての謎が次々と解明されてきました。現在の生物科学は再生医療、食糧、環境やエネルギー問題など広範囲の分野に深く関わっています。
生物科学科のカリキュラムは、遺伝子の発現やタンパク質の分子構造および機能などを解明する分子レベルの生物学、細胞の構造や機能および生物の発生を解明する細胞レベルの生物学、そして、生態学や行動学、進化や系統分類学を中心とした集団レベルの生物学を体系的に学修できるように工夫されています。
また、本学科の特色として、他大学には少ない植物学の分野が充実しており、分子レベルから形態、生態レベルまで専門の教員が揃っています。他にも古生物学が学べるのも特徴です。
本学科は社会において、生物学の多岐にわたる分野や他の学問との境界領域で活躍できる人材を育成することを目指しています。

生物科学科 教授 西谷 和彦
生物科学科
教授 西谷 和彦
 

学科紹介の動画

 
 
ホネツギケイソウの群体
ワカキノサクラ
オオイヌノフグリの染色体
シロイヌナズナに寄生する
アメリカネナシカズラ
ホッコクアカエビ
ゼブラフィッシュ胚の頭部背面
アルビノのアフリカツメガエル幼生
ラット下垂体前葉の細胞