合成化学に立脚して、環境・生体内で機能する物質の創製を目指しています

世の中に役立つ新しい物質を創製する。これが私たちの目標です。
特に、環境中や生体内ではたらく物質の創製に注力し、それらを作るための新たな触媒や反応の開発も行っています。
最新鋭の機器も充実しており、高度な実験技術が身につきます。

国内外の他分野の専門家との共同研究も積極的に推進しています。
新学術研究領域「水圏機能材料~ 環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成(2019~23年度)」に計画班として参画しており、最先端計測、シミュレーション、デバイス応用、環境・生体応用などの分野の研究者や学生との交流の機会が定期的に設けられています。成長のチャンスであるとともに、自分たちが作った物質が活き活きとはたらくところを見るという、「物質の作者」としての醍醐味が味わえます。

一緒に新しいものづくりにチャレンジしましょう!

他大学・高専からの大学院入学も歓迎します

大学院入試は、秋期(7月出願,9月試験)と春期(1月出願,3月試験)の2回のチャンスがあります。
奨学金や研究環境も充実しており、思う存分研究に励むことができます。

研究員、研究補助員のポジションをお探しの方もお問い合わせください

リンク:共通設備(理学部HP)奨学金情報(本学HP)大学院入試情報(本学HP)

What's New

2020年05月08日
研究成果がプレスリリースされました
2020年04月27日
Herzberger君、佐藤君らの論文がAngew. Chem. Int. Ed.に掲載されました
2020年04月01日
メンバーを更新しました
2020年02月21日
PROUD BLUE 英語版Vol.5に辻教授の記事が掲載されました。
2020年01月22日
M1の渡邊君が第29回日本MRS年次大会奨励賞を受賞しました
» 続きを読む