分子生物学研究室第一 小谷享研究室


小谷 享研究室のホームページ

<研究領域>

生物化学,分子生物学

<研究テーマ>

細胞骨格のうちの微小管と、それに関連する蛋白質に注目して、それらの構造と機能を生化学・分子生物学的手法で調べている。一部テーマではアクチンとその調節蛋白質も用いる。

(1) 微小管結合蛋白質4の構造と機能。

(2) 微小管結合蛋白質に共通する微小管結合ドメインの遺伝子構造。

(3) 低分子量アクチン結合蛋白質の構造と機能。

<研究業績>

(1) Structural and Functional Analyses of Microtubule-associated Protein 4. Rec. Res. Devel. Biochem. (2002)

(2) The number of repeat sequences in microtubule-associated protein 4 affects the microtubule surface properties. J. Biol. Chem. (2003)

(3) 微小管結合蛋白質の構造と機能蛋白質核酸酵素』2006)

(4) Ferritin forms dynamic oligomers to associate with microtubules in vivo: Implication for the role of microtubules in iron metabolism. Exp. Cell Res. (2006)

(5) Differences in the regulation of microtubule stability by the pro-rich region variants of microtubule-associated protein 4. FEBS Lett. (2006)



「研究対象である微小管の電子顕微鏡像と構造模式図(撮影および作図:松島一幸氏)」


<リンク>
神奈川大学ホームページ
神大の先生 理工系編 小谷享教授の紹介記事