理学部TOP > 学科・プログラム案内 > やりたいことから学科を探す > [勉強編]
ページの本文を印刷
 

勉強編

宇宙のことを学びたい

数理・物理学科では宇宙や天文について学ぶことが出来ます。私立大学としては珍しく、宇宙論や赤外線観測天文学の専門家がいます。物理学実験のための天文台も建築されています。

[該当学科]

  • 数理・物理学科
 

理論的なことだけでなく、実用につながるものについても学びたい

数理・物理学科ではシリコンやダイヤモンド、あるいは話題のカーボンナノチューブといった最新の半導体デバイスについても学ぶことが出来ます。

[該当学科]

  • 数理・物理学科
 

数学をもっと学びたい

数理コースには、数学と応用数学に関連する研究室が多くあります。数学が好きで前向きに課題にトライし続けようとする意欲ある皆さんには、きっと自分の学びたい研究テーマが見つかるでしょう。

[該当学科]

  • 数理・物理学科
 

コンピュータを使いこなせるようになりたい

理学部には充実したコンピュータルーム(Linuxワークステーション152台・Linuxサーバ10台・WindowsPC220台を所有)があり、無線LANが学内に張り巡らされ、いつでも使用可能となっています。情報科学科にはノートPCの無料レンタル制度があり、4年間ずっと自分のものとして24時間使えます。理論も大切ですが、何より大切なことはいつもそばにあって使っていること、これがコンピュータを使えるようになるもっとも確実な方法です。

[該当学科]

  • 情報科学科
 

コンピュータのしくみに興味がある

コンピュータってどうやって動くのか知っていますか、ちょっと詳しい人には「CPU」、「ハードディスク」、「メモリー」、「OS」と言った単語がすぐ浮かんでくるかもしれません。でもそれらがどのように助け合ってコンピュータを動かしているのでしょうか? 情報科学科ではこれらの基礎を学ぶカリキュラムがとても充実しています。授業で理論を学び、情報科学実験で体験すれば、きっとしっかり分かってくると思います。

[該当学科]

  • 情報科学科
 

ネットワークのことを理解したい

インターネットってどういうふうに世界と繋がっているの?と思ったことはありませんか?・・・インターネットは今や私たちが生きていく上で欠かせないものとなりました。10年ちょっと前には考えられなかったことですね。何やら進歩が急すぎてとてもついていけないような感じがしますが、基礎的な枠組みは一つ一つ勉強していけば決して難しいものではありません。ぜひ一緒に勉強しましょう。ところで便利な一方、ネットワークの世界には悪い人もいて、危険もたくさんあります。危険を防ぐセキュリティ技術も大切な情報科学の研究課題です。

[該当学科]

  • 情報科学科
 

携帯電話のしくみに興味がある

携帯電話は最近ではID(個人を特定するもの)として使われることが多くなってきました。情報科学科の情報コースでは、携帯電話を使って情報のやり取りをする際のセキュリティの研究も行われています。

[該当学科]

  • 情報科学科
 

人間と情報の関わりを勉強したい

物理や化学の諸現象や生物は人間がいなくてもても客観的に存在しています。しかし情報は人間がいて初めて存在します。そういう意味で、情報科学は理系の中で人間に一番近い学問です。あなたも情報を通して人間や人間社会を見つめ直してみませんか。

[該当学科]

  • 情報科学科
 

化学薬品をいろいろ使ってみたい

世の中には数多くの薬品があります。それらを自在にしかも安全に扱うためには化学の知識と経験を十分に身に付けなければなりません。そして、化学科では単に薬品を使うだけでなく、自分の力で新しい薬品を作り出すことも学んでいきます。

[該当学科]

  • 化学科
 

新しい化学物質をつくってみたい

化学の一つの目的は、化学反応を利用して、従来になく優れた性質を持つ新しい物質を作り出すことです。また、化学の研究をするためには、これまでに知られている物質だけでなく、全く新しい物質を必要とすることがあります。このような時にも新しい物質を作り出して利用します。

[該当学科]

  • 化学科
 

分子の構造が分かるようになりたい

教科書にはいろいろな分子が出てきますが、それらの構造はどうやって分かったのでしょうか。その方法は、高校では教えてくれません。分子の構造を調べるには、様々な方法を駆使する必要があります。分子の性質は構造と強く関係しており、化学を学ぶには分子の構造を調べられるようにならなければならないのです。

[該当学科]

  • 化学科
 

役に立つ材料をつくってみたい

役に立つと言ってもいろいろなことがあります。化学科では未来の燃料として期待されている水素を溜めることのできる材料、蛍のように光って環境の情報を与える材料、これまでにないほど強い酸として働く材料、光によって加工できる材料、新しい分解性材料など、新しい物質を作り出す研究をしています。それは決して役に立つことを目的とした研究ではありませんが、結果的に人類の役に立つ材料となることが期待されています。

[該当学科]

  • 化学科
 

反応によって色が変わるのが面白いと思う

化学では、リトマス紙による色の変化などだけではなく、反応によって光ったり、色が変わったりなど、様々な変化が表れます。そして、それらの変化が化粧品などに使われています。多くの化学反応では色の変化を伴うことはありませんが、人間は色に敏感であるため、色の変化があると反応が起こったことがすぐに分かってとても便利です。色の変化を利用すると、これまでにはなかった全く新しい研究ができることでしょう。

[該当学科]

  • 化学科
 

環境問題に関心がある

一口に環境問題と言っても、大気汚染、酸性雨、オゾンホール、異常気象、地球温暖化・・・といろいろあり、大切な課題もたくさんあります。例えば地球温暖化と大気中の二酸化炭素濃度の関係などは、よく報じられる一方、実際にはまだ十分に解明されているとはいえません。化学科には環境問題を広く視野に入れて水と空気の研究をしている研究室があります。

[該当学科]

  • 化学科
 

昆虫の採集や飼育が好き

昆虫は、地球上のあらゆる環境に適応している生き物です。生物科学科には昆虫の体の仕組みを分子レベルで調べている研究室や、ホタルやコオロギなどの地理的分布と都市化との関連を調べている研究室があります。昆虫についての知識は、農薬の研究開発に役立つとともに、シルクを生産するために欠かせない蚕の品種改良などに役立ちます。

[該当学科]

  • 生物科学科
 

DNAやバイオテクノロジーの話が好き

ゲノムに書き込まれた遺伝情報をもとに、様々なたんぱく質が作られます。生物は、何億年もかけて進化しながら、実に巧みな機能分子を数多く発明してきました。生物進化の産物である精巧な分子機械、たとえば筋肉が動く仕組みを解明すれば、高効率でエネルギーを仕事に変換する装置の設計に役に立ちます。光合成の仕組みを解明すれば、光のエネルギーを化学エネルギーに変換する装置などについても開発が進むでしょう。生物学は次世代をにらんだテクノロジーに大きなヒントを与え続けています。

[該当学科]

  • 生物科学科
 

花や植物が好き

庭で花を育てたり花束を作ったりするのが好きな人、畑で作物を育てるのが好きな人、森や植物園を見て回るのが好きな人へ、神奈川大学理学部では,植物の進化や形態、環境への対応を、分子レベルから森林や海洋などの生態系レベルまで様々なレベルで勉強し、研究することができます。

[該当学科]

  • 生物科学科
 

海に棲む動物の研究がしたい

神奈川大では、大型の海水魚、小型の淡水魚、ヒトデやウニなどの海産無脊椎動物、哺乳類であるラットなど、様々な動物を卒業研究生や大学院生が飼育しています。湘南ひらつかキャンパスには天然の海水を地下タンクに貯める設備があり、大きなエアポンプと濾過装置も完備していますが,普段の世話をなまけると動物たちは本当の姿を教えてくれません。ともかく生き物が好きな学生たちが一生懸命動物の世話をしています。地道に世話をすること、これが動物学研究の出発点なのです。

[該当学科]

  • 生物科学科
 

食べ物を構成する分子や栄養のことが知りたい

私たちが日ごろ口にしている食べ物が、からだの中でどのように変化して栄養になるのだろうか? そんな疑問を持った人はいませんか。神奈川大学理学部ではからだに取り込まれた物質がどうやって消化され、吸収され、からだのすみずみまで行き渡るのか、そしてその後どんなしくみでからだの働きを調節するのかについて詳しく学ぶことができます。

[該当学科]

  • 生物科学科
 
職業編へ
 
 
ページの先頭へ